髪を傷ませないためにN.O.M.がやっていること

1.褪色の防止・・・
カラーリング直後のシャンプー時に
CMC(細胞膜複合体)脂質を補うことで
浸透圧による色味の流出を防ぐと同時に
毛髪どうしの摩擦によるダメージを軽減します
2.pHコントロール・・・
パーマやカラー等で
アルカリ性になった頭皮と毛髪を本来の弱酸性に
近づけるよう調整します
3.過酸化水素の除去・・・
パーマ剤やカラー剤には過酸化水素というものが含まれており、
頭皮や毛髪に残留してしまいます。
本来は1週間ほどで自然分解されるのですが
強制的に除去することでダメージの進行を食い止めます
4.パーマやカラー等のケミカルな施術をするときに
ハチのめぐみのトリートメントをたっぷり補給するので
カラー、パーマを繰り返しても薬剤に負けない
丈夫な髪を作ることができます。